Google、ストリートビューで冬季オリンピック会場が見られる特設サイトを開設

 


米Googleが、カナダ・バンクーバーで開催される冬季オリンピックの情報を紹介する特設サイトを開設した。Google Mapsのストリートビュー機能で会場を”選手目線”で見て回ることも可能。


特設サイトでは、Google Newsのオリンピック関連ニュースやPicasaに投稿された写真、Google Earth上にある競技会場の3Dモデルなど、同社のサービスを利用した様々な情報が公開されている。特に競技会場を紹介するストリートビューは、専用のカメラ付きスノーモービルまで使用し雪山の写真も撮影。まるでスキーで滑走しているような感覚で競技会場となるゲレンデの風景を見ることができる。
特設サイトはこちら
http://www.google.co.jp/landing/games10/index.html
尚、Googleでは新たにフィンランドの主要都市もストリートビューに対応した。Google Finlandでは約5カ月を費やし各都市の写真を撮影。ただし降雪時期の関係もありカバーされている都市はほぼ南部地域に集中している。
Google Map
http://maps.google.co.jp/
関連記事:
GoogleとUNESCOが業務提携、ストリートビューで世界遺産の散策が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.