オーストラリア連邦政府、ゲームのレーティングについて国民から直接意見を募集

 

オーストラリア連邦政府レーティング評議会が、ゲームに対するレーティングの改正の是非について直接国民から意見を募集している。


現在のオーストラリア連邦政府の連邦格付法では、ゲームに対するレーティングが「15歳未満禁止」の「MA15+」までしかなく「成人指定」に該当するカテゴリが存在しない。そのため他の国では大人向けのゲームとして販売許可が下りているゲームでもオーストラリアでは販売禁止にされてしまったり、同国のレーティングに合わせてオリジナルの内容を大幅に変更せざるを得ないケースが多数あった。
しかしこの現状にとうとうオーストラリアのゲーマーが決起。自治体や政府に対しゲームに対するレーティングを改正するよう求める活動が活発化した。
そこでオーストラリア連邦政府では、ゲームのレーティング改正の是非について広く国民から意見を募集。意見書はeメール、ファックス、手紙のいずれかで2010年2月28日まで受け付けている。
詳細と送付先はこちら
http://www.ag.gov.au/gamesclassification
関連記事:
珍妙なゲーム規制の是正を—遂にオーストラリアのゲーマーも立ち上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.