“ARビートルズ”も可能に モバイル向けARアプリ「Layar」、バージョン3.0をリリース

 


モバイル向けAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)アプリ「Layar」(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)がバージョン3.0を発表した。インターフェイスも大きく変更し、より使いやすいアプリとなっている。


「Layar」はオランダに拠点を置くSPRXMobile社が製作したiPhone3GS及びAndroid向け現実拡張ブラウザで、日本ではシステムケイがオフィシャルパートナーとなり提供を行っている 今回追加された機能は、3Dモデルや画像イメージを風景に重ねて見られる機能や、設定されたエリアに侵入すると”何か”が起こる「オートトリガー機能」、横画面への対応、ログイン認証、検索条件を組み合わせられる複数フィルタリング機能、あるポイントに行かなければ次のポイントが出てこないといった「ポイントtoポイント機能」など。
既に海外では、オランダ・ロッテルダムの建設現場に建築モデルを重ね合わせて完成後が見学できたり、イギリスのアビーロードをはじめとしたビートルズの楽曲に登場する場所にビートルズのメンバーを表示させたりといったコンテンツが提供されている。
Layar
http://layar.com/
http://layar.jp/
関連記事:
iPhone3GS向けARアプリ「Layar」、AppStoreで提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.