今年の年賀状、ARで「飛び出す」年賀状にしてみませんか?

 

今年の年賀状、ARで「飛び出す」年賀状にしてみませんか?
EPSONのインクジェットプリンター「カラリオ」が、特別な知識・技術がなくても誰でも簡単にAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)で”飛び出す”年賀状が作れるサイト「カラリオからの新提案!3D年賀状」を公開している。


同サイトは、あらかじめ用意されたテンプレートに撮影した自分の顔写真をはめ込むだけで、Webカメラ越しに見ると年賀ハガキから絵柄が飛び出す”AR年賀状”が作れるようになっている。テンプレートは「ひとり」と「すくふう」の2種類用意されており、イラストや音声メッセージ、文字も加えられるようになっている。また年賀はがきに印刷されるARマーカーの絵柄がかわいいのも特徴で、年賀状をもらった側にARを見る環境がなくても、普通に年賀状として楽しめるようになっている。
カラリオからの新提案!3D年賀状
http://3d-hagaki.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.