ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始

 

ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始
ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始した。Syntheユーザーが作成したコンテンツの画像やモデルデータの「cg」へのアップロードを相互に公認するという。

「Synthe」は”アバターカスタマイズ”と”ゲーム制作”というUGC(user-generated content:一般ユーザーが作るコンテンツ)に重点を置いた3D仮想空間で、「cg」は3DCGに特化した作品投稿SNS。今回の協業では、Syntheユーザーには、Syntheのアバター用に制作したCGモデルをcgにアップロードし、WEBブラウザ上でポリゴンモデルとして表示できる機能や、mixiアプリで表示する機能など3DCGをWEB上で見せる事に長けた部分を、cgユーザーには、閲覧させることが主であったこれまでの作品をSyntheでアバターにし、リアルタイムなコミュニケーションに利用できる部分を、それぞれ活用してもらうことでサービスの相互利用を促す。
■アバターモデルをアップロード
ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始
Syntheのアバター用に自作したモデルをcgで「ポリゴン」カテゴリーに投稿することによりブラウザ上でリアルタイムにポリゴンモデルを表示し閲覧できる。さらに立体出力やmixiアプリでの表示も可能。
■スクリーンショットをアップロード
ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始
Syntheのアバターツールやワールド内の自作アバターのスクリーンショットをcgサイトで「プリレンダ」カテゴリーに投稿することにより作品公開の幅が広がる。1作品につき10枚まで画像を投稿できるので、様々なポーズや表情を見せることができる。「写真メモ」機能で、画像上の任意の場所にふきだしコメントを付け、アバターアイテムの解説やCG漫画のふきだしなど様々な使い方ができる。
■特設ページ
ソーシャルゲーム「Synthe」と3DCG SNS「cg」が協業を開始
cg内に開設された特設ページでは、cgに投稿されている作品の中でSyntheタグの付いた作品を一覧することが可能。
「cg」内Synthe特設ページ
http://www.cg-site.net/partner/Synthe
「Synthe」内「cg」特設ページ
http://www.synthe-web.jp/cgxsynthe.html
Synthe
http://www.synthe-web.jp/
cg
http://www.cg-site.net/
関連記事:
「3Dカスタム少女」が3DCG SNS「cg」デビュー!立体出力が可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.