シンガポールの子供向けアニメ、ARを活用したe-ラーニンググッズを販売

 


シンガポールの子供向けアニメーション「TaoShu」がAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)技術を活用した中国語のe-ラーニンググッズを販売している。


「TaoShu」はシンガポールのアニメスタジオのPeach Blossom Media社が制作している3~7歳くらいまでの子供を対象としたアニメ作品。戦士の子供”タオシュウ”と妹の”リンリン”が主人公で、中国の文化や中国語、中国人について学べるような学習要素を含んだ内容となっており、ヨーロッパや中東を含む世界30ヵ国以上で放送されているという。
同作品ではAR技術を利用した子供向けの中国語のe-ラーニンググッズを販売。中国語で示されたARマーカーをWebカメラ越しに見ると、3DCGでその中国語の意味を教えてくれるという仕組みになっている。
TaoShu
http://www.littletaoshu.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.