iPhone3GS向けARアプリ「Layar」、AppStoreで提供開始

 

iPhone3GS向けARアプリ「Layar」、AppStoreで提供開始
株式会社システム・ケイが、モバイル向けのAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)アプリ「Layar」を、Android版に続きiPhone3GS向けに発表した。


「Layar」はオランダに拠点を置くSPRXMobile社が製作したiPhone3GS及びAndroid向け現実拡張ブラウザで、日本ではシステムケイがオフィシャルパートナーとなり提供を行っている。「Layar」をインストールしたモバイルを風景にかざすと現実の撮影映像の上に検索情報が重ねて表示されるというもので、自分の周りにあるレストランやコンビニ、地下鉄、銀行のATM、観光スポット情報などの検索情報が現実の風景に重ね合せて表示され、周囲にどんなスポットがあるかを直感的に把握することができる。検索コンテンツは下記38種類。
・一般コンテンツ 25種類
・北海道特別コンテンツ 2種類
・API利用コンテンツ 10種類
・ユーザー参加型コンテンツ 1種類
 
コンテンツは今後随時追加されるほか、ユーザーの要望により検索コンテンツの作成も可能とのこと。
Layar
http://layar.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.