セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術—IDIA国際招待芸術家展

 

セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術---IDIA国際招待芸術家展
アメリカ・インディアナ州立ボール大学付属の芸術研究所「The Institute for Digital Intermedia Arts(IDIA)」が、セカンドライフ内でSIMを丸ごと使用した大規模な作品展示を行っている。

IDIAは現実世界の美術界や学会で国際的に活動している芸術研究所。今回、このIDIAが招致した4名のアーティストがSIMの全面及び全高度の空間を使用して大規模な作品を制作・展示。アーティストは日本を始めオーストラリア、ベルギー、スイス、オーストリアと各国から招致されており、各作家ともヴェネツィア・ビエンナーレやアルス・エレクトロカなど国際的な芸術展で活躍している。
現在展示されているセカンドライフ内の作品は、オブジェクトの特性やスクリプト、物理を駆使した体験型のアートとなっている。アバターを通して新しい芸術に触れてみよう。
セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術---IDIA国際招待芸術家展 セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術---IDIA国際招待芸術家展
セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術---IDIA国際招待芸術家展 セカンドライフのSIMを丸ごと使用した芸術---IDIA国際招待芸術家展
各作品へのテレポートはこちら:
http://slurl.com/secondlife/Ball%20State%20Instructional2/128/128/2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.