3Di、クラウドコンピューティングを利用したPaaS/SaaS事業に進出

 

3Di株式会社が、同社が行っている従来のライセンス販売に加え、クラウドコンピューティングを利用したプラットフォームサービス(PaaS)や3D会議システムなどのアプリケーションサービス(SaaS)の事業化を積極的に推進、進出することを発表した。


同社では既にNTTインベストメント・パートナーズ株式会社とngi group株式会社を割当先とする総額約5億円の株主割当増資を発表しているが、今回の発表はこれを受けた動きのひとつ。
PaaS/SaaS事業の想定利用分野は以下のとおり。
・ソーシャルアプリケーション(SNSとの連動)
・3Dバーチャルセミナー
・3Dバーチャル会議室
・3Dバーチャルコンファレンス
・3DバーチャルEC
・3D eラーニング
・3D バーチャルイベント
・3Dオンラインマーケティング、など

3Di株式会社
http://3di.jp/
関連記事:
3Di、NTT-IPとngiによる約5億円の株主割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.