アバターがオシャレだと本人もオシャレ!? NHN、ハンゲームで「ファッションとアバターに関する意識調査」を実施

 

アバターがオシャレだと本人もオシャレ!? NHN、ハンゲームで「ファッションとアバターに関する意識調査」を実施
NHN Japan株式会社が、同社が運営するポータルサイト「ハンゲーム」にて「ファッションとアバターに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。それによれば、回答者の6割近くがアバターのコーディネートは「その人らしさが出る」自己表現ツールと考えているという。


調査は7月17日~21日の5日間にわたって行われ、計1,707名(男性395名:女性1,312名)から回答を得られたとのこと。1,707名の年齢別の内訳は10才未満が0.6%、10代が25%、20代が34%、30代が29.4%、40 代が9.7%、50代以上が1.3%。
まず、「アバターアイテムのコーディネートがどの程度その人らしさを表現しているか?」をいう質問では、全体の約6割(59.7%)が「とてもそう思う」「思う」との回答。男女別では男性53.4%、女性61.6%がが「とてもそう思う」「思う」と回答し、より女性の方がアバターを個性が表現できるツールとして認識している傾向が明らかになった。またアバターを見て「かわいい」「きれい」「かっこいい」と感じる同性または異性への印象をたずねたところ、特に女性は相手のアバターのコーディネートの印象から、ユーザー本人のファッションセンスを想像する傾向が男性よりも強いことが確認できたという。男性はアバターを利用している人自身も「かわいい」「きれい」な人だろうと想像する割合が約2割(19%)に達するなど、男女ともにアバターを見た結果が与える印象を大きくする傾向が明らかとなった。
日常生活でのファッションとアバターそれぞれについて、イメージチェンジで最も変化を感じるポイントについてたずねたところ、日常生活でのファッションとアバターとでは変化を感じるポイントに大きな違いが出る結果となった。男女ともにアバターでは「洋服のコーディネート」が高い比率を占めるのに対し、日常生活でのファッションでは「ヘアスタイル」によってイメージチェンジを感じ取る傾向が明らかとなり、特に女性は「ヘアスタイル」の割合が72.2%に達するなどその差が顕著だった。
最後に日常生活のファッションとアバターそれぞれにおいて、男性・女性にして欲しいファッションについてたずねたところ、「女性にして欲しいファッション(男性回答)」では日常生活でのファッションとアバターとではほとんど差が生じなかった。しかしその一方、「男性にして欲しいファッション(女性回答)」では、日常生活でのファッションとアバターとで求めるファッションが異なり、アバターの世界だからこそ実現しやすい美容師やホストのような“憧れ男性”スタイルを求める傾向が明らかになったという。
ハンゲーム
http://www.hangame.co.jp/
NHN Japan株式会社
http://www.nhncorp.jp/
関連記事:
ハンゲームにファッションコミュニティ「モテコーデ」登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.