チャイナテレコム、学校からのセカンドライフへのアクセスを遮断

 

チャイナテレコム、学校からのセカンドライフへのアクセスを遮断
中国の固定電話最大手のChina Telecom(中国電信)が、学校からのセカンドライフへのアクセスを遮断している。同社のADSLを利用している学校のPCでセカンドライフを立ち上げてログインしようとすると、画面上に「接続できません」と表示されてしまうという。


但しオフィスのPCや同社のADSL以外の方法でインターネットに接続しているPCでは今のところ問題なくセカンドライフにログインできるとのことなので、アクセス遮断といってもかなり”ゆるい”もののようだ。
中国ではウイグルでの反政府暴動が発生した後にTwitterやYouTubeへのアクセスが遮断されたりとインターネット規制が強められているが、今回の同社のセカンドライフ・ブロックがそれに該当するかどうかはまだ不明。ただ同社は昨年9月よりOpen Simをベースにしていると思われる3D仮想空間「ChinaQ」を提供しているので、もしかしたら単純に”商売敵”をブロックしているだけなのかもしれない。
China Telecom
http://www.chinatelecom-h.com/
ChinaQ
http://www.chinaq.com/
関連記事:
チャイナテレコム、3D仮想世界「ChinaQ」のテストを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.