Twinity、投資家から合計450万ユーロを資金調達

 


ドイツ・ベルリンに拠点を置く3D仮想空間「Twinity」の運営会社Metaversum社が、Grazia EquityやBalderton Capitalなどの投資主から合計450万ユーロ(約5.98億円)を新たに資金調達した。


Metaversum社はドイツのベルリンを忠実に再現した3D仮想空間「Twinity」を運営するベンチャー企業。現在Twinityはオープンβの状態だが、今後は全世界に向けて展開する予定で、さらに「仮想シンガポール」と「仮想ロンドン」も構築される予定。今回調達された資金はそれらの開発に充てられるという。
Twinity
http://www.twinity.com/en
関連記事:
ドイツの情報誌「Zitty」、Twinityでトークライブを開催
英投資会社、ドイツの仮想世界「Twinity」の運営会社に出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.