IMVU、広告・マーケティングでOfferpal Mediaと業務提携

 

IMVU、広告・マーケティングでOfferpal Mediaとパートナーシップを締結
ソーシャルアプリ向けの広告プラットフォームを提供するOfferpal Mediaが、広告・マーケティングで3Dアバターチャットサービスの「IMVU」と業務提携を締結した。


Offerpal Mediaは、Facebook上で提供されているゲームや仮想空間などのアプリ向けに広告ネットワークを提供している。アプリのユーザーがOfferpal Mediaが提供する広告を見たり、その広告から何らかのアクション(メルマガ登録、会員登録、ショッピングなど)を起こすと、一定の割合で仮想通貨がもらえるというものだ。
今回の提携は、Facebookから離れて独自のサービスであるIMVUに広告プラットフォームを提供する例となる。今後IMVUユーザーはサイト内に表示されるOfferpal Mediaが提供する広告からアクションを起こすことで仮想通貨「クレジット」を得られるようになる。
尚、現在のIMVUのユーザー数は約3500万人で、同社は仮想通貨の販売と仮想アイテム売買の手数料で一か月あたり約150万ドルの利益を上げているという。
IMVU
http://www.imvu.com/
Offerpal Media
http://www.offerpalmedia.com/
関連記事:
「不況は仮想世界にとってむしろ追い風」—IMVU、仮想アイテム&通貨の販売で月々100万ドル以上の売り上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.