ピッツバーグ大学の研究チーム、インフルエンザの感染経路を検証する仮想空間を構築

   2013/01/26

ピッツバーグ大学の研究チーム、インフルエンザの感染経路を検証する仮想空間を構築

アメリカ・ペンシルバニア州にあるピッツバーグ大学の研究チームが、豚インフルエンザの感染経路を検証するための仮想空間を構築した。

この仮想空間は、同州アレガニー郡の健康管理部防疫官の要請によって構築されたもの。研究チームは豚インフルエンザの性質と郡の住民約130万人を仮想空間内に再現。様々な状況のシナリオを設定し、インフルエンザがどのようなケースでどのように感染していくかを検証できるようになっているとのこと。
構築に携わったのは、元々仮想空間を医療に活用する研究を行っていた同大学医学部のBruce Y. Lee助教授率いる研究チーム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket