同人誌販売「コミックとらのあな」を傘下に収めるユメノソラホールディングス、ゲーム開発を手がけるアクアプラスを買収

 

同人誌販売「コミックとらのあな」を傘下に収めるユメノソラホールディングス、ゲーム開発を手がけるアクアプラスを買収

同人誌販売「コミックとらのあな」を手がける株式会社虎の穴の親会社であるユメノソラホールディングス株式会社が、ゲーム開発会社の株式会社アクアプラスの全株式を取得することについて合意し、契約を締結したと発表した。金額や条件は明らかにされていない。また、アクアプラス代表の下川直哉氏は引き続き同社の指揮を執るとのこと。

アクアプラスは主に「AQUAPLUS」「LEAF」の2つのゲームブランドを展開していることで知られているゲーム開発会社。ユメノソラホールディングスでは、今回の提携によりアクアプラスのゲームタイトル販売を虎の穴が持つ流通網で強化し,且つアクアプラスのコンテンツの商品化やサービス化も推進するという。

なお、虎の穴では今年4月よりソーシャルゲームに参入しており、独自のソーシャルゲームプラットフォーム「トラゲー」をオープンしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket