写真からアバターを作る「Big Stage」、シリーズBラウンドで270万ドル資金調達

 

写真からアバターを作る「Big Stage」、シリーズBラウンドで270万ドル資金調達
携帯電話のカメラで撮影した3枚の顔写真から3Dアバターを作成できるサービス「Big Stage」を提供するBig Stage Entertainment社が、シリーズBラウンドでMission Venturesやエンジェル投資家らなどから合計270万ドルの資金を調達した。


「Big Stage」は、携帯電話のカメラで自分の顔を3方向から撮影し、その画像を元に3Dアバターを作ることができるサービス。様々な画像や動画と組み合わせることができるほか、別に用意した髪の毛や帽子などのアクセサリーパーツを付け加えることもできる。
現在、同サービスはPCのみ利用可能でYouTubeやFrickerとも連動しているが、今後はiPhone/iPod touch向けのアプリ版を開発中だという。
Big Stage
http://www.bigstage.com/
関連記事:
写真からアバターを作る「Big Stage」、パブリックβに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.