仮想空間で金融の基礎を学ぶ リアル玩具連動型ペット育成サービス「KooKeys」が”銀行”機能を実装

   2013/01/08

仮想空間で金融の基礎を学ぶ リアル玩具連動型ペット育成サービス「KooKeys」が”銀行”機能を実装

子供向けのヴァーチャルペット育成サービス「KooKeys」が、子供の学習コンテンツとして銀行の機能「KooBank」を実装した。

「KooKeys」は昨年10月より始まったアメリカのリアル玩具連動型ヴァーチャルペット育成ゲーム。ぬいぐるみのタグに付いているコードをサイト上で入力してアカウントを作成すると、自分が買った実際のぬいぐるみと同じ種類の動物を仮想空間の中で飼うことができる。
今回新たに実装された「KooBank」は、子供に金融の基礎を教えるための学習コンテンツ。サービス内でミニゲームをすることにより稼げる仮想通貨「KooKoins」をKooBankに預けると預金額に応じて「利息」が付くようになっており、これを通して子供達に利息の考え方や金融システムを学んでもらうのが狙い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket