ニュース 仮想空間

アニメがモチーフの女の子向け仮想空間「Horseland World」オープン

更新日:

アニメがモチーフの女の子向け仮想空間「Horseland World」オープン

女の子向けのアニメ作品「Horseland」をモチーフとした新たな仮想空間「Horseland World」がオープンした。その名のとおり、アバターのほかに「馬」が重要なモチーフとなったサービスだ。

元々「Horseland」は1994年より始まった2Dのアバター&カジュアルゲームサービスだったが、当時まだ女の子向けのオンラインゲームが少なかったこともあり500万人以上ものユーザーを獲得する大ヒットサービスに成長。それを受けてリアルの玩具やグッズも発売されたがこれも好評で、遂にはCBSでアニメ化されるまでになった。今回オープンした「Horseland World」はこのアニメ版を下敷きにしており、ヴァーチャル→リアル→ヴァーチャルを”行ったり来たり”した珍しい例と言えるだろう。
サービスは8~18歳までの女の子を対象にしているが、13歳未満までの「Horseland World Jr.」と13歳以上からの「Horseland World」の2つに分かれている。
ユーザーはまず自分の「愛馬」を買い、常に馬に乗って行動する。他のユーザーとチャットをしたりフレンド登録をしたり、レースに出場して仮想通貨を稼いでアバターアイテムを買ったりできるが、自分のアバターアイテムだけでなく愛馬の「馬具」も買って着せ替えることができる。
基本利用は無料だが、直接リアルマネーで仮想通貨を購入することもでき、この仮想通貨販売が主な収益モデルだという。

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.