ゲーム ニュース

コーエーテクモゲームス、今年もソーシャル戦国シミュレーション「のぶニャがの野望」を舞台化

投稿日:

コーエーテクモゲームス、今年もソーシャル戦国シミュレーション「のぶニャがの野望」を舞台化

株式会社コーエーテクモゲームス株式会社タンバリンステージが、コーエーテクモゲームスが各種プラットフォームにて提供中のソーシャル戦国シミュレーションゲーム「のぶニャがの野望」を題材にした舞台の第二弾「舞台 のぶニャがの野望 弐(にゃん)」を2014年11月19日(水)〜11月24日(月・祝)までの6日間、“シアターサンモール”(東京都新宿区)にて公演を行うと発表した。

「のぶニャがの野望」は、”猫化”した数々の戦国大名が覇を競う戦国乱世を舞台とするオンラインソーシャルゲーム。コーエーテクモゲームスの代表作である歴史シミュレーションゲーム 「信長の野望」が持つ重厚なイメージから一転、「織田のぶニャが」「ミケだ信玄」「お江ニャン」といった数百以上の“ねこ武将”たちが登場する。プレイヤーは個性豊かな“ねこ武将”たちを集め、戦国大名たちを助ける「御雇衆」(おやといしゅう)を結成し、他のプレイヤー達と協力したり競い合ったりして天下を目指す。
同作品が舞台化されるのは昨年に続き2回目で、井深克彦さんや寿里さんなど前作から続投の俳優に加え新たな出演者として兼崎健太郎さんなどが出演する予定で、8月16日よりチケットの先行販売を開始する。

-ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.