MMO「Myst Online」、ソースコードを公開しオープンソースプロジェクトに

   2016/01/03

MMO「Myst Online」、ソースコードを公開しオープンソースプロジェクトに

今年2月にサービスを中止したMMO「Myst Online: Uru Live」が,ソースコードを公開しオープンソースプロジェクトとして”復活”することが公式サイトにて発表された。

「Myst Online: Uru Live」は、1990年代に流行したゲーム「Myst」から発展した、大変動によって一瞬にして滅亡したかつての文明社会の遺跡を探索するという3Dアドベンチャーゲーム。2007年2月より正式サービスを開始していたが、2008年2月にサービスを中止していた。
同MMOの開発元のCyan Worldsによれば、同社の資金繰りの問題と、iPhoneやiPod touch向けに行っているゲームの開発に注力したいという理由から今回のオープンソース化に踏み切ったとのことで、同MMOのサーバやクライアント、ツールのソースコードを公開するほか、ホスティングサーバの提供も行うという。

MMO「Myst Online」 ソースコードを公開しオープンソースプロジェクトに MMO「Myst Online」 ソースコードを公開しオープンソースプロジェクトに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.