米玩具メーカーのSenario、リアル商品連動型の子供向け仮想空間「Huru High」を立ち上げ

   2016/01/02

米玩具メーカーのSenario、リアル商品連動型の子供向け仮想空間「Huru High」を立ち上げ

アメリカの玩具メーカーのSenarioが、同社の人気商品「Huru Humi」をモチーフとした子供向けの仮想空間「Huru High」をオープンすると発表した。

「Huru Humi」は、顔部分が液晶パネルになっている人形で、顔の表情が変わったり喋ったりする玩具。それぞれに名前があり、キャラクター設定まであるのが特徴。
「Huru High」はこのHuru Humiと連動したサービスで、7~12歳くらいまでの子供をユーザー対象としているという。基本利用は無料で、ユーザーは仮想空間内で自分のアバターを操り他のユーザーとチャットをしたり、ミニゲームで遊ぶことができるが、利用には「Huru Humi」の一体一体に付いているパスワードの入力が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.