【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc…、出展ブースを写真で振り返る…(2)

 

(1)からの続き
ブースレポート第2弾は国内の仮想空間に加えて海外のサービスもご紹介。今回の東京ゲームショウから、中国や台湾、カナダ、オランダなど海外のゲームディベロッパーの出展エリアも新たに追加された。他のブースに比べ若干賑わいは少なかったものの、よく見てみると面白いゲームや仮想空間に関連のありそうなものがたくさんあり実に興味深かった。それをここで少しだけ紹介してみたいと思う。

【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2)
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2)
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
こちらは株式会社バサラのブース。仮想空間システム「メタゲート」を利用し、誰でも簡単に自分の仮想空間が作れるサービス「めたっぱ!」を展示していた。この「めたっぱ!」は、自分で作成した素材をアップロードして使用したり、自分で自由にマップを作ることができ、家具や建物、NPCを配置したりBGMを流すこともできる。初めて作る人でも、サンプルの素材データが提供されているので簡単に始めることができるという。
めたっぱ!
http://metagate.jp/
関連記事:
バサラ、携帯向け仮想空間「ポケットメタゲート」を公開
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
こちらは脳波で操作するゲームを展示・試遊していた丸紅&NeuroSky Inc.のブース。ゲームには脳波センサーモジュールが組み込まれており、頭でイメージしただけでキャラクターを動かしたり箱を浮かせたりできるのだが、やはりちょっとコツが要る様子。しかしその斬新さから試遊待ちの人数が1日目で3桁を突破し、その日のうちに遊べない参加者が続出していた。
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2)) 【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2)) 【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
こちらは北京より参加のBeijing XnetSoft Technologies社のブースにあったハムスター育成ゲーム「I Ham On Line」。プレイヤーは6種類のハムスターの中から好きなものを1匹を選び、エサを食べさせたりしつけをしたり、檻から出して散歩させたり、さらに友達のハムスターの檻に遊びに行ったりして立派なハムスター(?)に育てていく。基本利用は無料で、檻に設置する家具(?)やハムスターに着せる服飾アイテムなどのアイテム課金が収益モデルのようだ。さらにゲーム内ミニゲームもあり、プレイヤーはハムスターを眺めながら、(または遊ばせながら)、友達とオンラインチャットでおしゃべりするというゲームで、ゲームと言えばゲームだが、このスタイルはそのままバーチャルペットサービスかハムスターがアバターの仮想空間とも言える。現在はまだ開発中で、2009年1月に中国国内でのβサービスを開始する予定とのこと。
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
こちらは台湾のGoldrock社の携帯電話向け着せ替えゲーム「MISS NO GOOD」。連続テレビドラマ「不良笑花」とのタイアップ企画のゲームで、ファッションセンスがズレまくっているドラマのヒロイン「小花」の服をコーディネイトしてオシャレな女の子にしよう!という内容。ヒロインのアバターに色々な服を着せて他のプレイヤーに見せびらかすことができる。ドラマに出てきた服もあればこのゲームにしか登場しない限定版の服もあるとのこと。セレブ着せ替えSNSの「stardoll」携帯版といったところか。
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
【東京ゲームショウレポート】脳波ゲーム、海外のバーチャルペット、話題のhome etc...、出展ブースを写真で振り返る…(2))
そしてこちらはオープンβサービスが待たれるPlayStation®Home。ナビゲーターの指示でワールド内を歩いたりゲームをプレイしたりetc。この試遊を体験するとPlayStation®Home特製のキャップがもらえる特典も用意されていた(結構レアなアイテムかも?)。ところで一番端の試遊台のアバター名が「Toro(トロ)」と「Kuro(クロ)」で、その他もすべて「どこでもいっしょ」のキャラ名だったことにどれくらいの人が気付いていただろうか?
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
(3)へ続く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.