ニュース 仮想空間

SUN、セカンドライフ内でパリコレ商品「CIGARO」の販売を開始 売り上げの一部を国際癌研究機関へ寄贈

更新日:

SUN、セカンドライフ内でパリコレ商品「CIGARO」の販売を開始 売り上げの一部を国際癌研究機関へ寄贈

株式会社SUNと携帯型アロマ・リラクゼーション商品「CIGARO(シガロ)」を提供する株式会社ブラシナが、SUNが運営するセカンドライフ内のショッピングモール「Tokyo ZERO番地」で「CIGARO」の販売を10月1日(水)より開始する。

「CIGARO」は、ブラシナが2008年4月から販売している、火や煙、有害な成分を使わずにアロマフレーバーを楽しむことができるリラクゼーション用のパイプで、2008年秋冬のパリコレクションにも登場した。「CIGARO」は「Live Longer Together(大切な人と少しでも永く、幸せな時を)」をプロダクトメッセージとしており、リサイクルや地球環境に配慮して設計されているだけでなく、「CIGARO」の売り上げの一部は国際癌研究機関(IARC)へ寄贈されることになっているという。
SUNの代表取締役社長である奥井宏太朗氏はこの「CIGARO」のコンセプトに共感したとのことで、「Tokyo ZERO番地」で販売された「CIGARO」の売り上げの一部も国際癌研究機関に寄贈することにしたという。氏は「共感する経済活動を通して少しでも社会に貢献していきたい」とコメントしている。

「TokyoZERO番地」にテレポート:
http://slurl.com/secondlife/TokyoZERO%20Entertainment/128/128/0

-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.