ニュース 国内ニュース

【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!

投稿日:

株式会社スマイルラボと株式会社スクウェア・エニックス、ニフティ株式会社の3社が、本日より仮想生活つきコミュニティサービス「Nicotto Town(ニコッとタウン)」の正式版(β版)サービスを開始し、それを記念して東京・帝国ホテルにてタレントの小倉優子さんを応援ゲストに迎え発表会見を開催した。

【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
スクウェア・エニックスとニフティは、カジュアルエンタテインメント・ポータルサービスの開発と提供において業務提携を行っており、スクウェア・エニックスの完全子会社であるスマイルラボが新サービスを開始することを発表していた。今回のNicotto Town正式サービス開始に先駆け、8月22日より期間限定でお試し版(α版)サービスを提供していたが、現時点でのユーザー数は約6000名で一日あたり平均で1500名がログインしていたとのことで、お試し段階でかなりの好感触を得られたという。
関連記事:
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第25回「Nicotto Town」
会見の冒頭、まず株式会社スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏とニフティ株式会社代表取締役社長の和田一也氏より挨拶があった。
■仮想世界であってもユーザーには”かけがえのない思い出”
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
スクウェア・エニックスの和田社長は、Nicotto Townを「Webの中の出来事であってもお客様にとってはかけがえのない思い出であり物語」であるとし、その”物語”の場となる空間で「いかに快適に過ごしてもらえるか」を重視し、細部にまでこだわって徹底して作り込んだことを語った。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
またニフティの和田社長は、Nicotto Townの中にいる動物のNPCの画像のバナーをniftyのトップページに掲載したところ、あっという間にお試しユーザーが増え満員御礼となったエピソードを披露。そして「今までniftyはアバターサービスを行ってこなかったが、今回は本当に良い機会をもらった。今後Nicotto Townのアバターをマイページやココログなど他のサービスでも使えるようにしたい。」と抱負を述べた。
■アバターデザインに4ヶ月 服は縫い目まで再現
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
続いて株式会社スマイルラボ代表取締役社長の伊藤隆博氏より、Nicotto Townのお試しサービスの結果も含めてのサービス説明が行われた。
伊藤社長曰く、Nicotto Townは当初「女性60%、男性40%」でスタートしたいと思っていたそうだが、お試しサービスを始めてみたところ、偶然にもユーザーの年齢層はピタリと一致したという。また「『アバター』というとオタクっぽいイメージがあるが、10代の女の子にとってアバターサービスはもはや”デフォ”(デフォルト・当たり前の意味)。そして30代の男性は「仮想世界」に興味がある。」とのことから、ユーザー層を「10代の女性と30代の男性をメインに」と想定していたが、やはりこちらも一致。特に男性には40代のユーザーもおり、スーツの服飾アイテムが好評だったとのこと。
また、伊藤社長はアバターへのこだわりについても説明。アバターのデザインには約4ヶ月もの期間を費やし、目のデザインだけでも400パターンを試したという。こうして完成したアバターは”着せ替え”で重ね着にも対応しているため、50~100のレイヤーデータを持ち、服飾アイテムはアパレルメーカーとの提携も考え、服の縫い目まで再現できるクオリティに仕上げたとのこと。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
次に伊藤社長はアバターが動き回る「仮想タウン」についても説明。企業参入などB to Bサービスも考え、Nicotto Townの街並みはファンタジー風ではなくあくまでも「現代の町」風だが、親しみが感じられるよう少し懐かしい感じのする暖かい雰囲気に作られている。また現実の東京の時間軸と天気にも連動しており、朝と夜があるだけでなく実際の天候に合わせて雨や雪も降る。お試し期間中の雨の日に仮想タウンにも雨を降らせたら、ユーザーから「傘のアイテムを出して欲しい」という要望が出たという。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
■賑わっている仮想世界を目指す
またNicotto Townの面白いところは「敢えてオープン時間が限られている」ということ。仮想世界といえば24時間いつでもプレイできるのが当たり前だと考えがちだが、Nicotto Townはサービスの安全性を考え敢えてオープン時間を「10:00~24:00」と区切っているという(ブログやミニゲームなどの付帯サービスは24時間利用可能)。また時間が限ることによって「22:00になったからログインしよう!」「20:00からカジノ広場が開くから遊びに行こう!」といったユーザーのログインしたい気持ちを喚起する効果も狙っているようだ。
伊藤社長は「仮想世界というとセカンドライフがよく例に挙がるが、海外には多くの仮想世界サービスがあり、その中で必ずしもセカンドライフがトップというわけではない。例えば「Club Penguin」はいつ行ってもたくさんのペンギンアバターがいた。」と例を示し、「日本の仮想世界はまだ流行という段階にはきていない」と指摘したうえで「Nicotto Townは”賑わっている”仮想世界を目指したい。」と抱負を語った。
尚、セキュリティやユーザー同士のトラブルへの対策については、サイト上や街の中にある交番で、他ユーザーにむやみに自分の個人情報を教えてはいけない旨を表示して啓蒙活動を実施したり、「マイホーム」の中にいきなり他ユーザーが入るような設定にせず、ます始めに庭へ入るようにするなどして配慮を行っているという。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
■ゆうこりんも「すごく楽しい」
会見には、特別応援ゲストとしてタレントの小倉優子さんも登場し、実際にその場でNicotto Townにログインして一般ユーザーと交流する一幕もあった。尚、小倉さんが着ていたピンクのベビードール風の衣装は「今回のために特別に作ってもらったアバターと同じ衣装」とのこと。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始! 【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
リアルの小倉優子さんと小倉さんのアバター画像
実際にアバターを見た小倉さんは「すごくかわいく作ってもらえて嬉しいです!」と語っていた。さらに小倉さんは白い猫の着ぐるみを購入して着替え、そのまま街に出て一般ユーザーとチャットで交流するデモも披露。小倉さんが街に現れるとあっという間に周りにユーザーが集まり、ちょっとした人垣ができていた。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
Nicotto Townをプレイ中の小倉さん
この時に小倉さんが着ていたピンクの衣装は、正式版スタートを記念して本日21:00より限定アイテムとして販売されるという。本日より10月27日(月)まで毎週月曜日に「100着」ずつ、合計500着限定で1500コインで販売されるとのこと。小倉さんは「優子と同じ衣装を着たアバターがいっぱ増えて欲しいです」と呼びかけていた。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
■ユーザー数は年内10~15万人を目標に。携帯電話への対応も検討
会見の最後には質疑応答のコーナーも設けられ、その席で伊藤社長は年内のユーザー獲得目標を10~15万人と掲げた。しかし、「大々的にキャンペーンを展開すると一気にユーザー数が増え過ぎてコミュニティが崩壊する危険性がある。そのため、まずは友達紹介キャンペーンやココログとの連携などで着実にユーザーを増やしていきたい。」と語った。
また、その後はユーザーの動向に合わせ2009年度には携帯電話へも対応できるよう検討していくという。
【レポート】ゆうこりんも「楽しい!」、Nicotto Town本日より正式サービス開始!
Nicotto Town
http://www.nicotto.jp/
Nicotto Townの関連記事をまとめてチェック!

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.