ニュース 国内ニュース

コア・ディメンション、既存のWebサイトと3Dを融合する3Dコアエンジン「IMMERSIV」(イマーシヴ)を販売開始

投稿日:

コア・ディメンション、既存のWebサイトと3Dを融合する3Dコアエンジン「IMMERSIV」(イマーシヴ)を販売開始
コア・ディメンション株式会社が、9月29日(月)より、アメリカのView22 Technology社との事業提携により、既存のWebサイトと3Dを融合する3Dコアエンジン「IMMERSIV」(イマーシヴ)の販売を開始すると発表した。

「IMMERSIV」(イマーシヴ)はView22社が提供する3Dコアエンジン・サービスの総称で、既存のWebサイトとの親睦性が高く、Flash技術のように容易に導入が図れ、3D技術を従来のWeb サイトへ融合することができる。また、動作も軽快で特別な高機能PCを必要としないのも特徴。ユーザーは「IMMERSIV」が導入されたサイト上で、室内、オフィス、キッチン、庭など個々のニーズに応じた環境を創り出し、3次元で正確に立体表示される製品をブラウザ上で配置しながら、商品デザインやその場の雰囲気までも感じることができるという。
また、データベースとのシームレスな連携によりその場で見積もりや注文を出すこともできる。例えばイーコマースの分野では、ユーザーはサイト内で自分の部屋に模したエリアをテンプレートから簡単に作成し、ドラッグアンドドロップで家具を配置する事で体感的で視覚的な商品選択ができるようになる。
世界では既に2000社以上がView22社の3D技術を採用し、導入企業の多くには世界的に知名度の高い一流企業も含まれているとのことで、その中でも「SIEMENS(シーメンス)」や「KOHLER(コーラ-)」などはWeb上での商品訴求や3Dプレゼンテーション、CRMと連動した機能により大幅なコスト削減と売上向上を達成し、高い評価を得ているという。
今回の日本での「IMMERSIV」販売開始に際し、View22社のアジア太平洋担当専務のデビット・グラハム氏は「日本ではまだまだWeb上の3次元コンテンツは少ない。今回のパートナーシップは日本におけるWeb上のマーケティングに大きな革新をもたらすと確信している。」とコメントしている。
またコア・ディメンションでは、主に「 ビジュアルマーチャンダイジングを必要としている」「販売サイクルが長い 」「受注製品および受注設計製品」「空間プランニングおよび最適化を必要としている」等を課題とする企業向けへの提案・導入・運営サポートまでを包括するトータルソリューションを提供していくとしている。
また、「IMMERSIV」を必要とする一般のWeb開発会社へのライセンス販売及び導入サポート、研修に至るまでをサポートし、日本における「IMMERSIV」のセールスパートナーとして展開いていくとのこと。
コア・ディメンション株式会社
http://www.core-dimension.jp
View22 Technology
http://www.view22.jp
コア・ディメンション、既存のWebサイトと3Dを融合する3Dコアエンジン「IMMERSIV」(イマーシヴ)を販売開始

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.