Googleの新Webブラウザ「Chrome」で動くバーチャルワールドは?

 

■Chromeはバーチャルワールドでも「使える」か?
無償配布が開始されたグーグルの新Webブラウザ「Chrome(クローム)」。ブラウズが速い速いと評判ですが、当サイトとしてはもう一つ気になるところが。
ズバリ、Chromeでバーチャルワールドは動くのだろうか!?

最近ではGoogleのLively(ライブリー)など、Webブラウザ上で動くバーチャルワールドが目立ってきています。専用アプリケーションを利用するタイプのサービスと比べ、なんといっても手軽に利用できるのが特徴ですよね。だったらWebページが軽快にブラウズできるChromeであれば、そこで動くバーチャルワールドもより軽快に楽しめるのではないか!?…ということはないにしても、実際動くかどうか、やはり気になります。
で、早速調べてみました。
■気になる結果は?
調べたのはWeb上で動く、もしくはWebから立ち上げるタイプのバーチャルワールド関連10サービスです。当初の予想としては専用プラグインを使うタイプのものはブラウザの仕様に密接に結び付くため、難しいのではないかという感触がありました。他方、フラッシュで動くものは基本的には行けるのではないかとも。
結果はだいたい予想の通り、専用プラグインなどを利用するタイプのサービスである「ViZiMO」「ntomo」「スプリューム」「weblin」は残念ながら現時点では動かないという結果に。とはいえ、Chromeは出たばっかりなのでまだ未対応でも当然といえば当然です。このあたりは今後のChromeのシェア動向次第で対応がはかられるのではないかと勝手に想像してみたり。facebook上で動く「Vivaty Scenes」も同様でした。
Googleの新Webブラウザ「Chrome」で動くバーチャルワールドは?
そして気になる動いたサービスですが、「はてなワールド」「Nicotto Town」「ノンノタウン」「YoVille」と、これまた予想通りフラッシュベースのサービスでした。「YoVille」はfacebook上で動くフラッシュベースのサービスです。facebook対応サービスで明暗が分かれる結果となりました。
Googleの新Webブラウザ「Chrome」で動くバーチャルワールドは?
■なんとアレが動かない!?
さて、なにか忘れてるような…。
そうです。Googleのバーチャルワールド「Lively(ライブリー)」の検証がまだでした。
でも、Chromeはなんといっても「Googleの」Webブラウザ。専用プラグインとはいえ、動かないなんてことは・・・、
Googleの新Webブラウザ「Chrome」で動くバーチャルワールドは?
ありました…(汗)
ちょっと衝撃です。でも、ChromeもLivelyもまだまだβ版のサービスです。仕方のないことなのかもしれませんね。
でもやっぱり動いてほしかった…。
こうして調査を終えようとしたまさにその時、あることに気づきました。
そういえば、Livelyはfacebookアプリにも対応している!
でも、直接でだめだったのだからfacebook経由でも当然だめなんじゃ・・・、
Googleの新Webブラウザ「Chrome」で動くバーチャルワールドは?
動きました…(汗汗)
ちなみにWebページにタグで埋め込む形では直接アクセスした場合と同じく、動きませんでした。
facebookを間にはさむことでブラウザの違いが吸収されたのでしょうか。
予想もしない結果で調査は終了となりました。
関連記事
【特集001】セカンドライフ以外のメタバース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.