ニュース 国内ニュース

9/15、東大にて「メタバースフォーラム」研究会開催

投稿日:

9/15、東大にて「メタバースフォーラム」研究会開催
9月15日(月・祝)に、東京大学本郷キャンパスにて、「三次元映像のフォーラム第84回研究会」との共催で、「メタバース(3D仮想世界)フォーラム第1回研究会」が開催される。参加定員は180名(予約不要)。開催概要及び当日のプログラムは以下のとおり。


「三次元映像のフォーラム』第84回研究会」
「メタバース(3D仮想世界)フォーラム』第1回研究会」
開催日時: 9月15日(月) 9:00~18:30(併設展示・デモ:10:00~18:00)
開催場所:東京大学(本郷) 福武ホール&ホワイエ(東大、赤門を入った左側直ぐ)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities_inside-fukutake_learning_theater.html
地図(アクセス):http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html
(文京区本郷7-3-1)
入場料:会員無料 非会員:2500円(予稿集込)
参加定員:180名(予約不要)
特典:参加者全員に超立体高画質ホログラムを進呈 
連絡先:hagura@iii.u-tokyo.ac.jp
[プログラム]
【3Dフォーラム:第85回研究会】(挨拶・座長:池内克史)
09:00~09:30発表1『3D形状データからの紙模型用展開図作成作業の効率化』
三谷 純(筑波大学)
09:30~10:00発表2 『レーザポインタを利用した3次元情報入力装置
PickPointerの精緻化』
飯尾 淳(三菱総合研究所 情報技術研究センター)
10:00~10:30発表3 『レーザープラズマ式3Dディスプレイにおけるコンテンツ制作』
石川 尋代 他(慶応義塾大学)
10:30~11:00発表4 『電子ホログラフィの高品質化検討』
妹尾 孝憲 他(情報通信機構)
11:00~11:30発表5 『gCubik:手に持ち複数人で鑑賞できる
キューブ型立体ディスプレイの開発』
吉田 俊介他(情報通信機構)
11:30~12:00発表6 『デジタルスチルカメラ用ステレオ静止画像フォーマット
:CIPA DC-006-2008』
  カメラ映像機器工業会(予定)
12:00~13:00昼休/展示・デモ
13:00~13:30発表7 『医学研究・教育における立体視の重要性:
Actioforma多次元システムの紹介』
高沖 英二(メタ・コーポレーション・ジャパン)
13:30~14:00発表8 『セカンドライフにおける立体視コンテンツの利活用』
柴田 隆史 他(早稲田大学)        
14:00~14:15休憩/展示・デモ
【メタバース(3D仮想世界)フォーラム:第1回研究会】(挨拶・座長:三淵啓自)
14:15~15:00 基調講演『仮想社会のカンブリア爆発と
セカンドライフコミュニティ運営上の課題』
山崎 秀夫(野村総合研究所)
15:00~15:30 講演  『仮想世界の社会経済システム』
野島 美保 (成蹊大学経済学部)
《セカンドライフ研究室》
15:30~16:00 SL1 『仮想世界における公共交通機関の
           必要性と実装に向けての考察』
          Tomo Whitfield(アバター出演)
16:00~16:30 SL2 『テーマ性におけるコンテンツの繋がり属性と深さについて』
  Tramp Noel(アバター出演)
16:30~17:00  『仮想学園デジタルアカデメイアについて』
坂東 敏和
《メタバース協会》
17:00~17:20 『メタバース協会・メタバースフォーラムについて』
三淵啓自(デジタルハリウッド大学院)
【展示・デモ】(10:00~18:00)
数社を予定:T&TS,石川光学造形研究所, アルファバグ、ニューサイト等
三次元映像のフォーラム
http://www.hi.is.uec.ac.jp/3Dforum/event.html

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.