米仮想空間ディベロッパー、Second Lifeにてミャンマーのサイクロン被害への募金活動を開始

   2013/06/22

米仮想空間ディベロッパー、Second Lifeにてミャンマーのサイクロン被害への募金活動を開始

アメリカの仮想世界ディベロッパーのSimualityが、5月2日にミャンマーを襲ったサイクロン災害の復旧支援の募金活動をSecond Lifeにて開始した。

同社はSecond Life内の同社のSIM内に急遽募金のためのキオスクを構築。同時に同社が手がけたサービスのサイト上にも募金キオスクのSLURLのリンクバナーを設置し仮想通貨「リンデンドル」での寄付を募っている。ユーザーは自分の好きな金額を募金することができ、集まった募金はリアルマネーに換金され、全てサイクロン被害の復旧と被災者支援のため国際赤十字社に寄付されるとのこと。

募金キオスクへテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Simuality/111/90/40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.