「デジタルデザインコンペ」、受賞作品・結果発表

 

日経アーキテクチュアがnikkei BPnet1周年とnikkei TRENDYnetオープンを記念して主催する「デジタルデザインコンペ」の、2部門の最優秀賞をはじめとする入賞11作品と選外佳作4作品が発表された。結果は以下のとおり。


■最優秀賞
総合提案部門
「THE MUSEUM OF THE GLOBE」
共同代表:河邑 石水(SL名:Ichiro Furse、アトリエテン)、寺本 勉(SL名:TERRA Zehetbauer、アトリエテン)
単独施設部門
「SKY+(スカイプラス)」
倉谷 直美(大阪成蹊大学芸術学部)
佳作(賞金各10万円)
■佳作
総合提案部門
「Third Life ~ANOTHER SECOND LIFE~」
代表:依田 直臣(日本工学院八王子専門学校) 協力:船橋 翔、神農 哲美、持田 麦(日本工学院八王子専門学校)
「discuscape ~discussions change the landscape~」
代表:松岡 康友(SL名:Yaah Oh、竹中工務店) 協力:石川 敦雄、山田 純、石澤 宰(竹中工務店)
「plusfive,50,217,26」
代表:北川 巧(SL名:tasumi kungfu、+5) 協力:李 孝哲(SL名:bigleee kungfu、STUDIO BIGROOM)、土屋 亨夫(SL名:tutti kungfu、+5)
単独施設部門
「実世界的な空間的制約に束縛されないミュージアムの展示形態およびユーザーの行動に基づいたそのモデリング」
大和田 茂(ソニーコンピュータサイエンス研究所)
「ごみの山か、あるいは、夢の島か」
関本 哲也(SL名:Okoge Honi、フリーランス)
「点がつくる建築」
渡邉 啓太(東京工業大学大学院)
「共記憶ナビゲーション」
加畑 健志(SL名:kabayan wellman、有限会社アドリブ)
■インワールド賞
「3D×Web Structure」
hsr Voom(会社員)
「ピーチマニアゲリラックス」
共同代表:長濱 英高(SL名:sela Boa、フリーランス)、稲尾 聡美(SL名:peeeach Loon、会社員)
■選外佳作
総合提案部門
「21世紀生活博物館」
代表:奈良部 和孝(日本工学院八王子専門学校) 協力:小峰 和憲、日野 拓望、勝本 元太、原澤 太一(日本工学院八王子専門学校)
「media town – white garden」
仲川 博幸(フリーランス)
「LIFE WOVEN MUSEUM」
岩村 寛人(Architectural Association School of Architecture)
単独施設部門
「distance = 4log(2r) + 8.3」
舩橋 武雄(SL名:SIEMED Dryke、東京電機大学情報環境学部、支援企業:共同印刷)
3月14日(金)には同コンペの贈賞式がデジタルハリウッド及びセカンドライフ内にて同時に行われ、その模様はWEB上にもライブストリーミングされたという。
贈賞式の様子
http://mapping.jp/archi/2008/03/post_91.html
尚、「日経アーキテクチュア」の3月24日号(同日発行)に同コンペの特集記事が掲載されるとのこと。
関連記事:
デジタルデザインコンペ、いよいよ一般投票開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.