スロットマシンメーカーの岡崎産業株、セカンドライフのMagSLにショールーム&コミュニティスペースを開設

   2012/12/05

スロットマシンメーカー、セカンドライフのMagSLにショールーム&コミュニティスペースを開設

スロットマシンメーカーの岡崎産業株式会社が、セカンドライフのMagSLTokai内にショールーム&コミュニティスペース「OkazakiP-Museum」(岡崎ピーミュージアム)を開設、3月3日(月)の10:00よりグランドオープンすると発表した。

同社ではMagSL Nishiki SIMに2区画の土地を取得し、「MuseumHall」1階に同社が開発してきた歴代のパチスロ機の展示コーナー、2階にパチスロ関連グッズやキャラクタースキンなどをプレゼントするギャラリーコーナー、3階には新製品のプレス向け発表会を行うプレゼンテーションルームが用意されている企業施設「MuseumHall」と、パチスロ機で遊ぶことによって、リンデンドルがもらえるキャンプも用意されている交流施設「P-Land」を建設。今後はここで様々なイベントを開催したりコンテンツの開発などを行っていきたいとしている。

「OkazakiP-Museum」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/MagSL%20Nishiki/96/18/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket