ニュース 仮想空間

島国の外相、セカンドライフ内で環境問題についての記者会見を実施

更新日:

モルディブ、イギリス、マルタの各外務大臣が、セカンドライフ内の「Diplomacy」SIM内にあるモルディブ大使館で温暖化による地球の気候変動についての会議と記者会見を行った。各国の要人が仮想世界の中で会談を開くのはおそらくこれが初の試み。

三者はこの席上で、来月インドネシアのバリ島で開催される予定の国連気候変動枠組み条約第十三回締約国会議に向けて、各国が協調して地球温暖化防止に取り組む姿勢を打ち出した。モルディブの外務相アブダラ・シャヒード氏は、「20年前、モルディブのマウムーン・アブドル・ガユーム大統領は『もし地球が野放しのままにされるならば、気候変動によってモルディブは地球上から消えてしまうだろう』と国連で発言した。我々は20年待った。しかしこれから先また20年待つことはもうできない。現実の世界には『Second Life』(第二の生命)はない。」と発言。またイギリスの外務相デビッド・ミリバンド氏は、「モルディブやマルタなどの小さな島国は気候変動との戦いの最前線にいる。これらの国々はただ警告を発するだけでなく、より明確なメッセージを国際社会に投げかけることができるだろう」と発言した。尚、マルタは2008年2月に気候変動に関する会議「climate change diplomacy conference」を主催する予定。

-ニュース, 仮想空間
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.