HBO、セカンドライフでドキュメンタリーを撮影

   2013/01/02

アメリカのケーブルテレビ放送局の「HBO」が、全てセカンドライフの中で撮影したドキュメンタリーフィルムを製作した。公開は来年の予定。

「HBO」はタイム・ワーナー参加のケーブルテレビ放送局で「Sex and the City」などの大ヒットドラマを制作。今年8月には広島・長崎の原爆被害の実像を描いた日系3世のスティーブン・オカザキ監督のドキュメンタリー『ヒロシマナガサキ』を放映し話題になった。
今回製作されたドキュメンタリーは合計35分の短編作品。”Molotov’s Dispatches in Search of the Creator: A Second Life Odyssey”というタイトルで、「Molotov Alva」という名前のアバターがセカンドライフの中を旅行するというもの。監督はDouglas Gayeton。HBOではアカデミー賞の短編部門も視野に入れているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket