エストニア、セカンドライフに大使館をオープン

   2013/01/06

バルト三国の一つであるエストニア共和国が、セカンドライフ内に大使館をオープンすると発表した。スウェーデンとモルジブに次いで大使館がセカンドライフに参入するのはこれで3例目。

バーチャル大使館の建設費はおよそ6,000ユーロ(約8,200ドル)。大使館のオープン日はエストニアの独立記念日である11月11日を予定しているという。
仮想大使館には、エストニアの政治、経済、文化などの情報と共にビザ申請とその手続き、及び領事館の情報、外務省へのリンクなども公開するとのこと。
また、記者会見や講演、展示会ができるスペースも構築するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket