9月24日~28日、デジタルゲーム国際学会「DiGRA 2007」開催

 


日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)が、9月24日(月)~28日(金)の5日間に渡って、東京大学本郷キャンパスにてデジタルゲームの国際学会「DiGRA 2007」を開催する。同学会が日本で開催されるのは今回が初めて。
同学会の今年のテーマは「Situated Play」(「状況論的ゲーム学の構築」)。世界各国のゲーム研究者及び開発者等が一堂に会し、多様なアプローチから最新の研究成果を共有する。
会期中は東大安田講堂にて3日間連続で基調講演が開催される。9月27日(木)13:00~14:00には、「日本のゲーム産業史:ハードウェアとソフトウェアの出会い/アーケードゲームと家庭用ゲームの出会い(仮題)」というテーマで、“ファミコンの父”として知られる上村雅之氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)と、“パックマンの生みの親”である岩谷徹氏(東京工芸大学芸術学部教授)による記念対談が開催される。
海外からは、“仮想世界における経済学の第一人者”であるエドワード・カストロノヴァ氏(インディアナ大学テレコミュニケーション学部准教授)と“シリアスゲームの開発者・研究者”として世界的に著名なマーク・プレンスキー氏(games2train.comファウンダー・CEO)が来日し基調講演を行う。
DiGRA2007
http://digra2007.digrajapan.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.