三菱鉛筆、文房具業界初のセカンドライフ参入

   2013/02/15

三菱鉛筆株式会社は2日、文房具業界としては初となるセカンドライフへの参入を発表した。9月4日よりセカンドライフ内でのサービスを開始するとのこと。

具体的なサービス内容は、同社の油性ボールペン「ジェットストリーム」の形を再現した建築物「ジェットストリームパビリオン」を設置し滑り台のような遊戯施設で来場者に遊んでもらったり、空飛ぶホウキをイメージしたボールペン型の飛行アイテムの無料配布など。3Dで味わえるブランド体験を通じて「ジェットストリーム」の特徴である“クセになる、なめらかな書き味”を伝え、サービス開始初年度で10万人の来場を目指すとしている。「ジェットストリームパビリオン」の建設予定地は日本人居住区「Ginza」内になる予定。

テレポート:
http://slurl.com/secondlife/Ginza/162/69/30/

また、9月上旬に東京で開催予定の新製品発表会にて「ジェットストリーム」の展示コーナーにパソコンを設置し、来場者にセカンドライフを体験してもらうコーナーの設置も予定しているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket