VR ゲーム ニュース

魔法の筆で誰でもアーティストになれる! SIE、VRモードもあるPS4向けペイント・アクションアドベンチャー「アッシュと魔法の筆」を10月にリリース

投稿日:

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、日本国内に向けPlayStation 4(PS4)向けタイトル「アッシュと魔法の筆」を2019年10月10日(木)にリリースする。

魔法の筆で誰でもアーティストになれる! SIE、VRモードもあるPS4向けペイント・アクションアドベンチャー「アッシュと魔法の筆」を10月にリリース

「アッシュと魔法の筆」は、幻想的なグラフィックスで好評を博したフライトアクション「Entwined(エントワインド)」を手掛けたPixelopus(ピクセルオーパス)が5年ぶりに発表する、“描く楽しさ”と“勇気”をテーマにしたファンタジックなペイント・アクションアドベンチャー。空も町もどんより寂れた港町「デンスカ」を舞台に、プレイヤーは絵が大好きな心優しい少年「アッシュ」となり、描いたものが命を得たかのように動き出す「魔法の筆」を使って“かいぶつ”の絵を描き、彼らと力を合わせて廃れゆく故郷の町を蘇らせてゆく。“かいぶつ”は実際にプレイヤー自身でデザインすることが可能で、さらに彼らの大好物のリンゴを描いてあげると駆け寄ってきて食べるなど、絵を描くことによりコミュニケーションを取ることもできる。また、プレイヤーはゲーム内に用意された様々なブラシを直感的に使い組み合わせることで、絵を書くことが苦手でも簡単に絵筆を走らせるアーティストになれる。ブラシの種類は「デンスカ」のいたるところに散らばったスケッチブックのページを集めることで増やすことができるため、冒険を進めることで、よりダイナミックなペインティングを楽しめるようになる。
なお、ストーリーが進むとVR対応コンテンツとして、「ポタリと不思議な キャンバス」と「VRフリーペイントモード」という2つのモードが開放され、メインゲームとは別に、PlayStation VRを着用し、PSMove2本を魔法の筆とスケッチブックに見立てて、
実際にその場に立っているかのように絵筆をふるい、3Dペインティング体験を楽しむことができる。「ポタリと不思議なキャンバス」はVRのみで体験できる3Dのゲームエリアに入り込むことができ、「VRフリーペイントモード」ではゲーム内の各所へ戻り360度のフリーペイントが体験できる。
タイトル概要は以下のとおり。

魔法の筆で誰でもアーティストになれる! SIE、VRモードもあるPS4向けペイント・アクションアドベンチャー「アッシュと魔法の筆」を10月にリリース

対応機種:PlayStation 4、PlayStation 4 Pro / PlayStation VR対応(2つのVRコンテンツ含)
プレイヤー数:1人(オフライン)
発売予定日:2019年10月10日(木)
販売形態:Blu-ray DiscTM / ダウンロード
価格:

希望小売価格:2,900 円+税
<ダウンロード版>
通常版 販売価格:3,132 円(税込)※
デジタルデラックス版 販売価格:4,212 円(税込)※
[デジタルデラックス版 同梱物]
デジタルアートブック、デジタルサウンドトラック、PlayStation®4用テーマ「灯台」、ブラシセット「森の湖」(ゲーム内アイテム)
※消費税率8%の価格になります、2019年10月1日(火)以降は消費税率10%の価格に切り替わります。
CERO:B(12才以上対象)
発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

(c) Sony Interactive Entertainment LLC.

-VR, ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.