ニュース 仮想通貨

FC琉球、GMOコインと共にファンクラブ向け通貨「FC琉球コイン」を提供 ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」開発のグッドラックスリーも協力

投稿日:

沖縄市のプロサッカーチーム「FC琉球」を運営する琉球フットボールクラブ株式会社とGMOコイン株式会社が、ブロックチェーン技術を活用したFC琉球の新ファンクラブサービス「仮名:FC琉球コイン(FCR)」開発プロジェクトを相互協力のもとに推進することで合意したと発表した。

FC琉球、GMOコインと共にファンクラブ向け通貨「FC琉球コイン」を提供 ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」開発のグッドラックスリーも協力

「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクトは、FC琉球が2019年度内にサービスリリースを目指すブロックチェーン技術を活用した新しいファンクラブサービス。これまで年間協賛金やJ2昇格ボーナスをビットコインで贈呈するなど新しい形での支援をしてきたGMOコインと共同で、ブロックチェーン技術の特徴を活用した地方スポーツクラブの新たな資金調達手法によるチーム運営確立と、よりプレミアムなファン・サポーター向けサービスの企画開発を進め、将来的には沖縄県全体でのトークンサービス運用を目指すという。なお、同プロジェクトの企画開発は、国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を企画開発する(過去記事はこちら)、株式会社グッドラックスリーより協力を得るという。

-ニュース, 仮想通貨
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.