Avatar アプリ ニュース

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

投稿日:

ピクシブ株式会社が、3Dキャラクターのモデルを簡単に作成し、3D空間や現実空間(AR)でキャラクターを撮影できるスマートフォン向けアプリ「VRoidモバイル(ブイロイド・モバイル)」をリリースした。ダウンロードは無料(iOS/Android)。

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

「VRoidモバイル」は、3Dキャラクターの撮影時にボケ加工(被写界深度)の変更ができるカメラ機能と豊富な画像加工フィルターを備えており、誰でも手軽に”エモい”キャラクター写真「アバターフォト」を撮影することができるアプリ。ユーザーは顔・髪・身体の要素を一覧からタップするだけで、好みのキャラクターを簡単に作成でき、各パーツの色変更、頭の大きさや身長、手足の長さといった体格、目や鼻の位置・角度なども理想に合わせてスライダーで調整することができる。また、3Dキャラクターのためのファッションアイテム「アバターウェア」も用意されているため、作成したキャラクターにトップス・ボトムス・ワンピース・靴下・靴をワンタップで着せ替え、撮影シーンやシチュエーションに合わせたコーディネートを楽しめる。なお、アバターウェアのラインナップは今後も増える予定。
「VRoidモバイル」で作成した3Dキャラクターは、3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」へアップロードしてWeb上で公開することも可能なほか、配信プラットフォームやゲームなど、各種VRoid Hub連携アプリでアバターとして使用することができる。

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

アバターカメラ機能を使うと、VRoidモバイルで作成したキャラクターを現実世界へ呼び出してAR撮影ができるほか、アプリ内の3D空間で撮影をしたり、他の人とコミュニケーションして遊ぶことができ、またVRoid Hubにアップロードした自分のVRMモデルを呼び出して撮影することもできる。アバターカメラには、「エモーション」と呼ばれるキャラクターアニメーションと、撮影用の「ポーズ」に加えて、”エモい”写真が簡単に撮れるワンタッチ加工フィルター17種が実装されており、「明るさ」「コントラスト」「色温度」「色相」「彩度」「ヴィネット」「被写界深度」「ブルーム」「グレイン」「色収差」「フレーム」の11種のカスタマイズパラメーターを調整することで、本格的な写真加工を行うことができる。

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

現在同アプリでは、映画「サマーウォーズ」公開10周年を記念し、実際に映画の撮影で使用された3Dモデルデータを元に再現した「OZ on VRoid powerd by pixiv」を公開している。メインワールドである「OZ」と、ナツキとラブマシーンのバトルで使われた「花札ステージ」の2つの3D空間の中を自作の3Dキャラクターモデルで飛び回り、空間内の撮影スポットに表示されるカメラのアイコンをタップすることで、映画の名シーンを再現した写真を撮影することができる。さらに、「サマーウォーズ」公開10周年のメモリアルデーである8月1日に向けたイベントや、参加者への特別なプレゼントも用意する予定とのこと。

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

3Dキャラの作成・撮影・加工がスマホ一つでできるアプリ「VRoidモバイル」がリリース

OZ on VRoid特設サイト: https://vroid.com/special/summer_wars/

-Avatar, アプリ, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.