VR ニュース

ハシラスのパーソナルモビリティ型VRライドデバイス「キックウェイ」、「Innovative Technologies 2019」に採択

投稿日:

株式会社ハシラスが、同社が開発したパーソナルモビリティ型VRライドデバイス「キックウェイ」が、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「Innovative Technologies 2019」に採択されたと発表した。「キックウェイ」は2019年11月13日〜15日に開催される「デジタルコンテンツEXPO 2019」に出展される予定。

ハシラスのパーソナルモビリティ型VRライドデバイス「キックウェイ」、「Innovative Technologies 2019」に採択

「Innovative Technologies 2019」は、デジタルコンテンツ協会が主催するプロジェクトで、イノベーションによってコンテンツ産業の発展に大きく貢献することが期待される技術を公募し、「独創性」、「先進性」、「表現としての新規性」、「市場創出の可能性」を評価基準として選定するもの。選定技術は「デジタルコンテンツEXPO 2019」にて表彰・展示が行われる。
「キックウェイ」はVRコンテンツ向けのライドデバイスで、VR向けライドとしては珍しいパーソナルモビリティライクな立ち乗り型となっており、省スペースなボディに体感発生機能を備えている。VRジェットコースターなどVR内で移動するタイプのコンテンツや走行系コンテンツにおける臨場感を高め、VR酔いを軽減することを目的に開発された。現在、特許を国際出願(PCT出願)中。

ハシラスのパーソナルモビリティ型VRライドデバイス「キックウェイ」、「Innovative Technologies 2019」に採択

同デバイスは前後加速度および左右旋回加速度の発生機構を搭載。一般的なVR向けライドハードウェアはヨー/ピッチ/ロールの3軸の動きが中心だが、キックウェイは前後加速度および左右旋回加速度という2軸で体感を発生させる。走行の発進時や加減速時、コーナリング時に適切な加速度を与えるだけでVRの体感が大きく改善し、VR酔いを低減でき、さらに送風装置を用いることでも酔いを低減できるという。同社ではエンターテインメントやビジネス、観光など多彩な分野での活用を想定している。

デジタルコンテンツEXPO 2019 イベント概要
会期:
11月13日(水) 10:00-17:30
11月14日(木) 10:00-17:30
11月15日(金) 10:00-17:00

会場:
幕張メッセホール(Inter BEE 2019と同時開催)(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.