VR ニュース

ディーワン、恵比寿モーションキャプチャースタジオの機材を刷新

投稿日:

xR・AI・IoTアプリ開発および3DCG事業を手掛ける株式会社ディーワンが、同社が運営するモーションキャプチャースタジオの機材を刷新したことを発表した。

ディーワン、恵比寿モーションキャプチャースタジオの機材を刷新

同社は2011年から東京・恵比寿という立地を活かして、利便性が高く、半日から手軽に誰でも使用可能な独立系のキャプチャースタジオとして運営を行ってきた。これまで、コンシューマーゲーム、TV、映画、CM、イベント、ソーシャルゲーム、AR/VR/MR系のリッチコンテンツ、Vtuberを始めバーチャルキャラクターのコンテンツなど数多くの案件に使用されてきたという。
今回導入された機材は、4,704×3,456、1,600万画素を持ち、最大シャッタースピード2,000FPSのVicon社のハイエンドカメラ「T160」24台、キャプチャしたその日の内にデータを納品することを目標に作られた、品質を犠牲にすることなくデータ処理のパイプラインを速めるエンターテインメント用モーションキャプチャーツール「shogun / Blade」。「T160」は詳細かつ広範囲をより小さなマーカーでキャプチャすることが可能で、「shogun / Blade」はキャプチャーデータをリアルタイムにキャラクターに反映させることに適しており、イベントなどでバーチャルキャラクターが観客と掛け合う動きを高い精度で実現・実施することができる。

ディーワン、恵比寿モーションキャプチャースタジオの機材を刷新

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.