ニュース

JAL、羽田空港にてアバターロボット活用のトライアルを実施

投稿日:

JALが、株式会社インディ・アソシエイツの遠隔操作ロボットをベースに、空港での活用を想定したアバターロボット(愛称「JET」)を開発し、日本空港ビルデング株式会社「Haneda Robotics Lab」の協力のもと、顧客案内業務のトライアルを羽田空港にて実施する。

JAL、羽田空港にてアバターロボット活用のトライアルを実施

「JET」は人型の遠隔操作ロボット。操作者はVRの技術を使い、ロボットの移動、腕と顔を動かすことによる感情表現、ロボットを介した顧客との音声通話を行うことができる。親しみやすい外見とボイスチェンジャーを使った音声で、空港スタッフに代わり顧客を案内するという。JALでは、国内外の空港で様々な案内業務を想定したトライアルを実施し、「JET」の活用方法の検証を行うとともに、操作性の向上、案内業務以外への活用を目的とした機能強化を行い、2020年からの一部実用化を目指すとしている。
トライアルの実施概要は以下のとおり。

〈トライアル概要〉
· 実施場所:羽田空港国内線第1旅客ターミナル 2階 JALスマイルサポートカウンター付近
· 実施期間:2019年4月22日(月)~4月24日(水) 10時~11時、14時~15時(予定)

JAL、羽田空港にてアバターロボット活用のトライアルを実施

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.