VR ニュース

ナーブ、歩いたり座ったりすることも可能な「VR内見プレミアム」を発表

投稿日:

ナーブ、歩いたり座ったりすることも可能な「VR内見プレミアム」を発表

ナーブ株式会社が、「歩く」「立つ」「座る」といった動作を、あたかも物件内の空間に身を置いているかのような感覚で体験できる新しいVRシステムを開発し、「VR内見プレミアムα版」として11月下旬を目途に、野村不動産アーバンネット株式会社の一部店舗で試験的にサービスの提供を開始すると発表した。

この「VR内見プレミアムα版」は、対象物件の実写画像を介して、リビングからキッチンへの動線や距離を確認したり、しゃがんでキッチンカウンターの高さを確認したりできるなど、一つの視点ではなく様々な目線(高さ)からのVR内見を実現したもの。ナーブが開発したVR端末「CREWL(クルール)」で閲覧しながら歩行すると、まさにその空間に身を置いているかのような感覚で物件内を移動でき、さらに閲覧者が歩いたり、立ったり、座ったりといった動きをすると、動作に応じて空間内の映像がリアルタイムに動くため、これまでにない没入感でよりリアルに室内空間を体感することができる。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.