ゲーム ニュース

シリコンスタジオ、C#オープンソース次世代型ゲームエンジン「Xenko」をユーザーコミュニティーによる運用へ移管

投稿日:

シリコンスタジオ、C#オープンソース次世代型ゲームエンジン「Xenko」をユーザーコミュニティーによる運用へ移管

シリコンスタジオ株式会社が、C#で開発できるオープンソースの次世代型ゲームエンジン「Xenko」について、本日2018年8月2日よりすべてのライセンスをMITライセンスとして提供することを決定した。

「Xenko」はC#で開発できる次世代型クロスプラットフォームゲームエンジンで、インディーディベロッパーから大手ゲーム開発会社に至るまで様々なニーズに対応できるよう設計されている。PBR(Physically Based Rendering:物理ベースレンダリング)技術を始め、デザイン・オブジェクトの保持・再利用・レビューを効率的に行うためのシーンエディター、ビルトイン・プレハブシステム、シーンストリーミングシステム、グラフィックAPI(VulkanやDirectX 12)をサポートするマルチスレッドなどの機能も備わっているほか、プラットフォーム間でシェーダーを共通化できる最新のシェーダーシステムが採用されており、エンジンを司るC#コードはエンジンの深部まで調査できるようオープンソースとして公開されている。プランは、小規模のスタジオおよび個人向け「Xenko Personal」、中・小規模のスタジオ向け「Xenko Pro」、大規模スタジオ向け「Xenko Pro Plus」、大規模プロジェクトや特別な要件向け「Custom」の計4つ。
今回の決定により、今後すべての「Xenko」のライセンス形態は、無料で利用できる制限の少ないMITライセンスに移管され、開発、バグフィックス、サポートを含め、すべてがユーザーコミュニティーにより提供されることとなる。

-ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.