AR ニュース

ARスポーツ「HADO」がベルギー進出へ サッカーベルギー1部リーグのスタジアムで導入

投稿日:

ARスポーツ「HADO」がベルギー進出へ サッカーベルギー1部リーグのスタジアムで導入

株式会社meleapが、DMMグループであるサッカー ベルギー1部リーグSTVV(シント=トロイデンVV)がホームスタジアムにてARスポーツ「HADO(ハドー)」を導入すると発表した。

「HADO」は、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つAR技術を使ったスポーツ。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。現在、HADOは世界16ヶ国26ヶ所にプレイフィールドを展開し、これまで延べ80万人以上が体験している。
STVV(シント=トロイデンVV)とは、1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得し、2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者に就任、2018年1月にアビスパ福岡よりU-21日本代表の冨安健洋選手、2018年7月にFCインゴルシュタット04から関根貴大選手が加入している。
今回の「HADO」導入に際し、ベルギー時間の7月28日の開幕戦で「HADO」体験イベントを開催するという。なお、サッカースタジアムでの「HADO」導入は世界初となる。

-AR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.