VR ニュース

ナーブ、誰もが直感的に操作できる「空間インターフェース」技術を活用した「MSSシステム」を開発

投稿日:

ナーブ、誰もが直感的に操作できる「空間インターフェース」技術を活用した「MSSシステム」を開発

ナーブ株式会社が、株式会社NTTドコモの「空間インターフェース」技術を活用することで、誰もが直感的に操作できる「MSSシステム」を新たに開発した。その実用化のための実証実験として、「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」の整備士体験コンテンツとして一般人が体験できるVRコンテンツの提供を7月11日(水)から2カ月間公開する。

NTTドコモの「空間インターフェース」は、VR空間に表示されたCGオブジェクトと、現実の手や手に持った物とが接触した際のCGオブジェクトの動きを計算する技術。
今回、「JAL工場見学 SKY MUSEUM「の整備士体験コンテンツでは、VR空間内に自分の手が現れ、映像内にある「?」を触ることができ、隠されたメッセージが開き、飛行機や整備に関するヒミツを知ることができる。なお、こうした「MSSシステム」による操作は、このほか様々なVR空間上のCGオブジェクトの自然な操作や移動のためのUIなどにも応用できる。
この「MSSシステム」は、VRゴーグルを装着した状態で自分の腕や手を前方に動かすと、目の前に自分の腕や手が現れるというもの。VR内のボタンやメニューを自分の手で直接触って選択が可能となるため、スマートフォンやタブレットでは実現できない、現物に触るような感覚で、誰もがすぐに自由に操作できるようになる。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.