VR ニュース

VRの認知度は約7割 ジャストシステム、2018年5月の「動画&動画広告 月次定点調査」を発表

投稿日:

株式会社ジャストシステムが、同社が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」にて、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2018年5月度)」の結果を発表した。同社は集計データとしてまとめた全61ページの調査結果レポートを「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページにて無料で配布している。

VRの認知度は約7割 ジャストシステム、2018年5月の「動画&動画広告 月次定点調査」を発表

この調査は15歳~69歳の男女1,100名を対象に行ったもので、それによれば、普段SNSで動画コンテンツを視聴している人のうち、「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人の割合は31.2%だったという。「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人にその頻度を聞いたところ、「1週間に1日(1回)以上」と答えた人は38.7%で、初回調査時の2017年6月度調査(29.8%)から増加。10代は50.0%が「1週間に1日(1回)以上」投稿しており、2017年6月度調査時(31.3%)から約1.6倍増加したとのこと。その他の回答は以下のとおり。

■60代の4割以上に「ライブ動画の視聴経験」あり。
動画コンテンツを視聴する人のうち,46.9%に「ライブ動画の視聴経験」があり,2017年6月度調査時(26.4%)から20ポイント以上増加しました。年代別に「ライブ動画の視聴経験」がある人の割合を見ると,10代が71.7%と最も高く,60代も41.3%と4割を超えました。

■約7割がVR関連商品を認知。最も興味があるのは「映画・映像コンテンツ」
VR関連商品・サービスの認知度は69.4%で※1,初回調査時の2016年8月度調査(43.1%)から増加しました。また,「利用したことはないが,興味がある」 VR関連商品・サービスとして,最も回答が多く集まったのは「VRを使用した映画・映像コンテンツ」(30.9%),次いで「VRを使用したテーマパーク・アミューズメント」(28.8%),「VRを使用したゲーム」(26.8%)でした
※1 「VR関連商品・サービスを利用したことがある」「VR関連商品・サービスを利用したことはないが,興味はある」「VR関連商品・サービスを知っているが,興味はない」の合計。

■VRゴーグルの所有率は6.3%。約1割が,購入を検討中
VRゴーグル(VRヘッドセット)について,「所有している」人は6.3%,「購入を検討,または予定している」人は9.1%,「知っているが,購入予定はない」人は51.4%でした。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.