VR ニュース

東急リバブル、築建売住宅の販売促進にVRを導入

投稿日:

東急リバブル、築建売住宅の販売促進にVRを導入

東急リバブル株式会社が、新築建売住宅の販売受託(仲介)事業にてVRを導入した竣工前販売を開始した。

東急リバブル、築建売住宅の販売促進にVRを導入

これにより、竣工前の物件の購入を検討している人は、VRヘッドマウントディスプレイを使用することで実際の周辺環境や街並みを写した建設予定地に建物が建っている様子を閲覧・体験でき、物件の完成予想図をより具体的につかめるようになる。建設予定地の実写画像に建物外観の3Dパースを合成しているため、平面のパースや設計図だけではイメージし難かった完成後の様子を立体的に体験することが可能で、室内でも自身の動きに連動し、移動しながら周囲全方向の空間を把握したり、室内に家具などを配置することができる。
同社ではVRの導入により購入の判断材料となる有益な情報を提供することで、竣工前販売の強化促進を図っていくとしている。

東急リバブル、築建売住宅の販売促進にVRを導入

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.