VR ニュース

JALら4社、機内でのVRサービス実証実験を実施

投稿日:

JALら4社、機内でのVRサービス実証実験を実施

日本航空株式会社(以下JAL)株式会社阪急交通社KDDI株式会社株式会社VRizeが、共同でJALチャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品「9月10日(日)発 北から南までぐるっと巡る「火の国」アイスランド周遊9日間」に参加のビジネスクラスシート利用の56名(予定)の乗客を対象に往路の機内でVRサービス実証実験を行う。

JALでは、2017年4月にも羽田空港国際線ラウンジにてJALが参画しているスタートアップ企業アクセラレーションプログラムの「KDDI ∞ Labo」採択チームであるVRizeと共同で、空港利用者にVRサービスを体験してもらう実証実験を行ったが、体験者から好評を得たとのことで、それを踏まえ今回は実際に飛んでいる飛行機内でのVRサービスを提供する実証実験を行うという。乗客には、VRコンテンツ視聴機材(「Galaxy Gear VR」と「Galaxy S8」)を貸し出し、機内にて都合のよいタイミングで視聴機材を装着し、VRizeが開発した専用のVRアプリを用いてKDDIが提供する5種類の360度VRコンテンツの中から好みのコンテンツを視聴してもらう。実施概要は以下のとおり。

【サービス実施概要】
フライト:
2017年9月10日、成田発、ケフラヴィーク(アイスランド)行チャーター便(往路)
JL8825便、成田出発11:30 ケフラヴィーク到着14:15 (現地時間)
実施概要:
ビジネスクラスシートをご利用のお客さまを対象に、KDDIが提供する5種類の360度VRコンテンツをお楽しみいただきます。通信と新しいテクノロジーを融合するKDDIの360度動画を用いた旅行プログラムである「SYNC TRAVEL」(http://bit.ly/2vHeddT)にて各国の街並みを撮影した映像を一部活用しています。視聴いただいたお客さまには、VRを体験したご感想や新たなサービスの可能性などについてアンケート調査を行い、今後のJALおよび阪急交通社の顧客サービス構築の参考とさせていただきます。

【各社の役割】
JAL:VRサービス実証実験の実施とりまとめ
阪急交通社:ツアー中(往路機内)でのVR体験サービス提供協力
KDDI:VRコンテンツの提供
VRize:VR視聴アプリの提供

JALら4社、機内でのVRサービス実証実験を実施

-VR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.