ニュース 仮想通貨

CAMPFIRE、ビジネス向けチャット「Slack」上でビットコインを送付できるツール「OKIMOTCHI」を公開

投稿日:

CAMPFIRE、ビジネス向けチャット「Slack」上でビットコインを送付できるツール「OKIMOTCHI」を公開

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREが、ビジネス向けチャット「Slack」上で動作するビットコイン送付bot機能「OKIMOTCHI(オキモチ)」をGitHub上のOSSとして公開した。誰でもGitHub上から無料で導入できる。

「OKIMOCHI」はSlack上での発言に対しスタンプを押すことで少額のビットコインを送ることのできるツール。プロジェクトに成功した際や、「掃除をしてくれてありがとう」「美味しいコーヒーを淹れてくれてありがとう」といった日常の感謝の場面で「お礼の言葉と共に少額のお金も贈りたい」との発想から、誕生したツールとのこと。CAMPFIREでは「OKIMOCHI」の公開前の7月25日〜2017年8月11日に社内で試験運用を実施し、18日間に約40名が参加し200件の「OKIMOCHI」の送付があったという。なお、1回の送付金額は約30円で(botの設定で変更可能)、ビットコインの原資は約60,000円。使用方法は以下のとおり。

(1)送付の原資となるビットコインを入金(会社の福利厚生資金を入金する形を想定しております)
※原資となるビットコインは、利用者に関わらず同じwalletに入金されます
(2)送付のトリガーとなるスタンプ・コマンドを設定
(3)Slack上でユーザー同士での使用開始
(4)一定のビットコインが貯まったら、指定した外部のビットコインウォレットへ送金し、引き出し

詳しい使用方法はこちら
https://github.com/campfire-inc/OKIMOCHI

-ニュース, 仮想通貨
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.