VR イベント ニュース

クリーク・アンド・リバー社、「第3回先端コンテンツテクノロジー展」にVR HMD「アイデアレンズ K2プラス」などVRソリューションを出展

投稿日:

クリーク・アンド・リバー社、「第3回先端コンテンツテクノロジー展」にVR HMD「アイデアレンズ K2プラス」などVRソリューションを出展

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、6月28日(水)~6月30日(金)まで、東京ビッグサイトにて開催される「コンテンツ東京2017」内の専門展「第3回先端コンテンツテクノロジー展」にスタンドアロン(一体)型のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「IDEALENS K2」の解像度がアップした新モデル「アイデアレンズ K2プラス」を中心に、様々なVRコンテンツやVRソリューションを出展する。

「アイデアレンズ K2プラス」は、前機種より解像度が2.5Kレベルに向上し、よりリアルな360°映像を楽しむことができるようになったモデル。スマートフォンやPCとの接続が不要のケーブルレスで、頭部を前後から緩やかに挟み込む装着方式や、眼鏡をかけたままでもピント調整がすぐにできる手軽さが大きな特徴となっている。
同社では同VRHMDのほか、独自開発したVR HMDの活用をサポートする様々なツールやVR導入事例、その他VR関連機器などを出展する。概要は以下のとおり。

(1)スタンドアロン型VRHMDの最新モデル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス)」
視野角120°、遅延は17ms(ミリ秒)、質量は本体部分で約295 g(グラム)と高いスペックを実現したケーブルレスのスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ。PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、室内に限らず、屋外でも楽しむことができます。圧倒的な取扱いのしやすさが特長で、長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」に導入されているほか、DVDなどのレンタルを展開するTSUTAYAやGEOの一部店舗においても、レンタルを実施しております。当日は会場にて、実際に装着してその最新性能を体験することができます。

(2)VRHMDの活用をサポートする様々なツール
当社ではVR専門R&Dチームにて、様々なニーズに対応する独自のツールを開発しております。VRHMDの操作をより簡単にするイベントに最適なコンテンツプレイヤーから、複数台のVRHMDに同じ映像やゲームをし出すためのアプリケーション、ミラーリングツール、遠隔映像配信システムなど、VRのご活用をサポートする様々なご提案を行います。

(3)VRの導入事例
具体的なVR導入事例として、ホテル、教育研修、医療、不動産等、幅広い分野で活用されている「アイデアレンズK2+」を起用したサービスをご紹介いたします。当社ではハードの提供から、コンテンツの開発・収集、プラットフォームのカスタマイズまでVRに関わる幅広いソリューションを一気通貫で提供することが可能です。

(4)VRカメラやその他一体型VRHMD機器

当社ではアイデアレンズ以外にも様々な関連機器を取り扱っております。

▼詳細はこちら
http://www.vr-creek.com/

【概要】
■会期
2017年6月28日(水) ~ 6月30日(金)

■開館時間
10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)

■会場
東京ビックサイト 東6ホール
http://tokyo.reedexpo.co.jp/Tokyo-Big-Sight/Area-and-Venue-Info/

■出展ゾーン
先端コンテンツテクノロジー展(一般ゾーン)

■小間番号
19-43

■ 出展カテゴリ
VR(ヴァーチャルリアリティ)技術・コンテンツ/インタラクティブコンテンツ/最先端映像コンテンツ制作/ヘッドマウントディスプレイ(HMD)/先端素材・デバイス・センサー

■ 特長
ケーブルレスで、軽量、スマホもPCが不要な話題の一体型VRHMD。ピント調整も要らず、各種ツールも揃っているため、BtoBの分野での導入が増えております。新規サービスとして、販促ツールとして、教育研修プランとして等、様々な用途でお役に立てる端末です。

■ コンテンツジャンル
映像・CG/アニメ/ゲーム/広告・Web その他

▼株式会社クリーク・アンド・リバー社 出展内容 詳細
https://content-tokyo2017.tems-system.com/eguide/jp/CTNEXT/details?id=60

▼「第3回先端コンテンツテクノロジー展」詳細
http://www.ct-next.jp/

-VR, イベント, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.